しまんとのめぐみ 巡水

メニュー

超軟水のおいしい水を販売!日本と海外の水の違いや料理による使い分け 超軟水のお問い合わせなら

水は成分の違いによって硬度が決まります。普段私たちが飲んでいる日本の水は、軟水に分類されます。日本の水は軟水から超軟水のものがほとんどですが、海外の水は硬水が中心です。

硬度が違うと味や喉ごしも全く異なり、料理に使ったときの仕上がりも変わります。日本人の口に合うおいしい水をお探しなら、硬度の低い軟水や超軟水がおすすめです。硬水はミネラル成分が多いため、飲み慣れていないと少々癖が強く感じられます。

今回は、日本と海外の水の違いや、硬水と軟水の使い分け方について解説します。

日本と海外の水の違い

雪山とコップに注がれる水

天然水のミネラルウォーターは、産地によってそれぞれ風味が異なります。日本の水は軟水から超軟水が多く、海外の水は硬水が多いです。日本の水と海外の水の違いについてご説明いたします。

殺菌処理の有無

日本で販売されているミネラルウォーターは、何らかの形で殺菌処理がされています。たとえば天然水をそのまま汲み上げた水を原水とするナチュラルミネラルウォーターは、加熱や自然ろ過などの方法で殺菌処理が施されています。

一方、海外で販売されているミネラルウォーターは、天然のミネラル成分や水の中に含まれる二酸化炭素などを失わないように、過度な殺菌処理をしないよう義務づけられています。環境汚染のない水源地からのみ採水されるという厳しい規定があるため、加熱処理などをして殺菌されていなくても問題ないと考えられているのです。

地形の差による硬度の違い

島国である日本は国土が狭く、急流が多いのが特徴です。そのため水が地層に浸透する時間が短く、ミネラル成分の少ない軟水になります。それに対して海外は広大な国土のため、じっくりと時間をかけて水が地層に浸透します。そのため、ミネラル成分が多く溶け込んだ硬水になるのです。

味の違い

軟水と硬水では味にも大きな違いがあります。日本の軟水や超軟水はまろやかな口当たりでやさしい味わいが特徴なのに対し、海外に多い硬水は、味に独特の癖があり、爽やか喉ごしが特徴です。日本は軟水が一般的なので、日本人にとっては硬度が低い方がおいしい水と感じやすいとされています。

しまんとのめぐみ 巡水は、まろやかで飲みやすい超軟水です。通信販売にてお気軽にお取り寄せいただけますので、ぜひご利用ください。商品に関するお問い合わせも承ります。

料理によって水を使い分けるポイント

だしを取っている鍋

水は料理に欠かせない存在です。料理によって水を使い分けることで、料理の味がより引き立ちます。ここでは、料理による水の使い分けについて解説します。

軟水は和食向き

和食は昆布や鰹節などで出汁をとる文化があり、素材の味を活かした調理法が中心です。そのため、うまみ成分を邪魔することなく、素材の味を引きだすことができる軟水を使うのをおすすめします。軟水や超軟水は硬度が低く、水自体の味がまろやかで癖がないのが特徴です。

和食に使うならできるだけ硬度が低い水の方がおいしく仕上がるので、ミネラル成分が特に低い超軟水を使うのがよいでしょう。

硬水は洋食向き

欧米の料理は肉を使った煮込み料理が多く、硬水を使った方がおいしく仕上がります。鉱水に含まれているカルシウムには、肉の臭みを取る作用があるとされており、煮込み料理と相性抜群です。またピラフやパエリアなど、硬い仕上がりの米料理を作るときは、硬水を使うことで米同士がくっつきにくく、おいしく仕上がります。

日本人は昔から軟水になじみがあり、おいしい水と感じやすいため、料理には癖のない超軟水を使うのがおすすめです。

しまんとのめぐみ 巡水は、料理にも使いやすい超軟水です。ご家庭で使用しやすい2Lパックや、店舗で業務用としてご利用いただける20Lパックなどを販売していますので、ぜひお試しください。また、ご不明点があればお気軽にお問い合わせください。

超軟水のおいしい水を通信販売!取り寄せるならしまんとのめぐみ 巡水!お問い合わせもお気軽に

日本の水と海外の水では味や喉ごしに大きな違いがあるだけでなく、料理に使ったときも、硬水か軟水かによって料理の味や仕上がりに差が出ます。日本人は硬水を飲み慣れていないため、できるだけ硬度が低い方がおいしい水と感じやすいとされています。飲みやすく、おいしいミネラルウォーターをお探しなら、天然の超軟水がおすすめです。

しまんとのめぐみ 巡水は、四万十川の源流水から採取した天然の超軟水です。通信販売で気軽にお取り寄せいただけますので、ぜひお試しください。一般家庭だけでなく、オフィスや店舗で利用しやすい業務用もございます。どうぞお問い合わせください。

超軟水のおいしい水を取り寄せるならしまんとのめぐみ 巡水

会社名 株式会社Pine
代表取締役 松本 千代恵
本社住所 〒780-8074 高知県高知市朝倉横町1−32
本社Tel 088-856-8607
本社Fax 088-855-7878
津野工場住所 〒785-0505 高知県高岡郡津野町芳生野丙3673−9
津野工場Tel 0889-43-9185
津野工場Fax 0889-43-9182
Url https://pine-water.jp/
ページトップへ