しまんとのめぐみ 巡水

メニュー

ミネラルウォーターの軟水と超軟水の違い おすすめする人の特徴 おいしい湧き水の天然水をお探しなら

世界には様々な種類のミネラルウォーターがあります。それぞれの味や効能を決めるのが、硬度と呼ばれるミネラル成分の割合です。日本の水は硬度の低い軟水が中心ですが、中にはさらに硬度の低い超軟水と呼ばれる天然水も存在します。超軟水は硬度が低く、どんな方でも飲みやすい身体にやさしい水です。

こちらの記事では、軟水と超軟水の違いや、どのような方に超軟水をおすすめするかについてまとめました。毎日の生活に超軟水を取り入れたい方や、身体にやさしいミネラルウォーターをお探しなら、ぜひ参考になさってください。

軟水と超軟水の違い

岩の上に置かれた水のペットボトル

ミネラルウォーターには硬度があり、硬度の違いによって水の成分や味が変わります。日本の天然水や湧き水は硬度の低い軟水や超軟水がほとんどです。こちらでは、軟水と超軟水の違いについて解説いたします。

軟水と超軟水の基準

水の硬度は、水1リットルに対してどれくらいのミネラル成分が含まれているかで決まります。世界的に定められた基準があり、硬度が60㎎/L以下の水は軟水として区分されます。超軟水の場合、世界基準は40㎎/Lです。

海外の天然水や湧き水は、硬水が一般的です。軟水が珍しいため、硬度の区分は海外の方が厳格です。日本国内では軟水の基準は100㎎/Lですが、超軟水に関する区分はありません。そのため、日本で超軟水を購入するなら、信頼できるメーカーのミネラルウォーターを選ぶことが大切です。

軟水と超軟水の違い

軟水と超軟水の違いは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分の分量の違いです。ミネラル成分が多い方が身体によいように感じる方も多いですが、一概にそうとは言えません。日本人には硬度が高すぎる水は向いていないこと、また硬度の高い水はキッチン用品や水回り製品に悪影響が出ることもあることがその理由です。

身体にやさしい水を選ぶなら、軟水よりもさらに硬度の低い、超軟水を使うのがおすすめです。ご年配の方やお子様でも、安心して使うことができます。

しまんとのめぐみ 巡水は、日本では珍しい超軟水のミネラルウォーターです。超軟水の天然水や湧き水にご興味のある方は、ぜひしまんとのめぐみ 巡水をお取り寄せください。

超軟水がおすすめの方

水を飲む子供

ミネラル成分が少ない超軟水は、限りなく人間の水分に近い性質を持っています。水分は身体の新陳代謝を助け、身体の中を活性化させます。そのため、加齢によって身体の代謝が衰えてくるご年配の方や、成長期のお子様の毎日の水分補給には超軟水がおすすめです。飲用水として超軟水を取り入れることで、身体の代謝を助けてくれます。

また、超軟水は料理に使う水にも適しています。水のミネラル成分が多いと、料理の味を引き出すためのうまみ成分が出にくくなります。

とくに和食は繊細な味付けが特徴で、昆布や鰹節などから出汁を取るのが何よりも大切です。超軟水なら、ミネラル成分が邪魔をせず、素材本来のうまみ成分を引き出してくれます。料理の味付けにこだわる方には、超軟水を使うことをおすすめします。

しまんとのめぐみ 巡水は、毎日の飲用水や料理にぴったりの超軟水です。天然水や湧き水に興味のある方や、ご家庭で超軟水を楽しみたい方は、ぜひしまんとのめぐみ 巡水をお試しください。

おいしい超軟水のミネラルウォーターをお探しならしまんとのめぐみ 巡水!湧き水を汲み上げた天然水!

天然水や湧き水などのミネラルウォーターは、硬度によって味も効能も大きく変わります。海外に比べると日本の水は軟水が多いですが、より身体にやさしく、まろやかな味の水を選ぶなら超軟水がおすすめです。ご年配の方からお子様まで、どんな方にもぴったりのやさしいお水です。

しまんとのめぐみ 巡水は、日本では珍しい天然の湧き水を汲み上げた、超軟水のミネラルウォーターです。超軟水の自然な味わいをお試しになりたい方は、ぜひしまんとのめぐみ 巡水をお取り寄せください。ご家庭だけでなく、オフィスや店舗でもお使いいただける大容量パックもご用意しています。

超軟水のミネラルウォーターならしまんとのめぐみ 巡水をお選びください

会社名 株式会社Pine
代表取締役 松本 千代恵
本社住所 〒780-8074 高知県高知市朝倉横町1−32
本社Tel 088-856-8607
本社Fax 088-855-7878
津野工場住所 〒785-0505 高知県高岡郡津野町芳生野丙3673−9
津野工場Tel 0889-43-9185
津野工場Fax 0889-43-9182
Url https://pine-water.jp/
ページトップへ